Growthbeat 最終更新日 Mon, Nov 16, 2015

Edit on GitHub

はじめに

新規登録/ログイン

https://growthbeat.com/ より、会員登録を行うことができます。右上の【会員登録(無料)】をクリックしていただきますと、以下の画像に示されている画面に遷移してアカウント作成が行えます。メールアドレス・パスワード・お客様の属性を選択された後に、利用規約をご覧ください。利用規約とお知らせメールの受信に同意していただける場合にはチェックをしていただきまして、【無料登録】をクリックしていただけますと新規登録は完了です。

beat-create-account

アカウントを既にお持ちの場合には、【会員登録(無料)】の隣にあります、【ログイン】をクリックして頂けますと、以下のような画面に遷移しログインすることができます。アカウントのメールアドレスとパスワードをご入力ください。万が一パスワードを忘れてしま った場合は、【ログイン】の下にございます、【パスワード再発行】より、パスワードの再 発行を行ってください。

ログイン画面 beat-login

マイページ

Growthbeatにログインするとマイページが表示されます。マイページでは下記項目の確認ができます。

  • インフォメーション
  • リクエスト
  • アプリ一覧
  • アカウント
  • スタッフ一覧

インフォメーション

インフォメーションページでは、最新情報の確認ができます。リンクをクリックするとブログに遷移します。

インフォメーションページ beat-information-page

リクエスト

リクエストページでは、サービスとアプリごとにリクエスト数が確認することができます。縦がサービスで、横がアプリごとになります。

右上のプルダウンで年月を選択すると、該当月のリクエスト数を確認することが可能です。

リクエストページ beat-request-month

アプリ一覧

アプリ一覧ページでは、アカウントに紐付くアプリを一覧、編集をすることができます。

アプリ一覧ページ beat-application-page

アプリ詳細の変更

アイコン、アプリ名、ストアURLを変更することが可能です。下記ダイアログは、アプリ一覧ページのアプリ変更ボタンを押下することで表示されます。

アプリ詳細変更ダイアログ beat-application-detail

アプリの削除

アプリを削除することが可能です。この操作は元に戻すことができません。下記ダイアログは、アプリ一覧ページの削除ボタンを押下することで表示されます。

アプリ削除ダイアログ beat-application-delete

アプリの追加

右上のアプリ追加のボタンをクリックするとアプリ追加が行うことができます。アプリケーション名を登録すると、アプリの登録完了となります。アプリ名の区別がつきやすい名称を入れることを推奨しております。

アプリ追加 beat-application-create

アカウント

アカウントページでは、アカウント情報の確認、編集をすることができます。

アカウントページ beat-account-page

アカウント詳細の変更

アイコン、アカウント名を変更することが可能です。下記ダイアログは、アカウントページのアカウント変更ボタンを押下することで表示されます。

アカウント詳細変更ダイアログ beat-account-detail

クレデンシャルキーの確認

APIキーとSDKキーを確認することができます。

Growthbeatアカウント情報

メールアドレスとパスワードを変更することが可能です。

パスワード変更ダイアログ beat-account-password

会社情報

会社名と電話番号を入力することを推奨しております。

IP制限

許可IPの追加を行えます。許可IPの設定がない場合はIPアクセス制限はかかりません。IPアクセス制限を1つ以上設定した場合、登録後、即時に許可されたIPアドレス以外からのアクセスができなくなります。

許可IP追加ダイアログ beat-account-ip

スタッフ一覧

スタッフ一覧ページでは、スタッフの確認、編集、および招待ができます。

スタッフ一覧ページ beat-staff-page

スタッフ招待

権限を与えたいアカウントの権限を選択します。

スタッフ招待

beat-staff-invitation

項目 内容
アプリケーション選択 権限を付与したいアプリ名
権限選択 管理者:閲覧かつ編集権限

閲覧者:閲覧のみの権限
メールアドレス 招待を送りたいメールアドレス
招待文 メールに含まれる文章

注意:子アカウントのリクエスト数は、招待元のアカウントのものとして扱われます。子アカウントに引き継がれるのは、アプリの権限のみとなり、サービスの権限は引き継がれません